セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介

セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介

 

セルフプレジャーで膣トレをする方法を紹介しています。膣トレは専用のインナーボールなどを使って行う膣の緩みを改善するトレーニング方法ですが、単調なトレーニングでは三日坊主になりがち。そんな時はバイブを使ったセルフプレジャーで、気持ち良くトレーニングをしていけば、面倒なトレーニングも楽しいものになるでしょう。

膣トレとは?

セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介

 

まず、膣トレとはなんなのか?その概要を簡単に説明していきます。

 

膣トレとは「正式名称:膣トレーニング」で、膣の緩みを改善するためのトレーニング方法。

 

膣は女性の体の部分で非常にトラブルも多い箇所。しかも外から見ることが出来ないためトラブルも見落としがち。

 

知らず知らずの内に、緩んでしまった膣の筋肉を鍛え、締まりの良い膣を取り戻す事を主眼においたトレーニング方法なのです。

なぜ膣が緩むのか?

セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介

 

ここでは、なぜ膣が緩むのかを解説していきましょう。都市伝説的に言われるセックスのやり過ぎなどは関係があるのでしょうか?

 

膣が緩む原因

膣の緩みの原因は、加齢や運動不足によって膣周りの筋肉が衰えて膣の緩みに繋がっています。

 

さらにその筋肉の緩みが進んでしまうと尿漏れなどにも繋がる場合があります。

 

一般的に言われている、セックスのやり過ぎで膣が緩くなるというのは大間違いで、実は逆に膣の締まりが良くなる場合が多いと言われています。

 

膣周りにある骨盤底筋に原因がある

セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介

 

腟のゆるみに大きく関係するのが骨盤底筋とよばれる筋肉(インナーマッスル)。

 

この骨盤底筋とは、骨盤の下にハンモックのように張り巡らされた筋肉群。

 

骨盤内にある内臓を支え、尿や経血、排便などを排出させる大切な役割があります。

 

出産経験のある人は緩みやすくなる

男性よりも骨盤が大きい女性は、骨盤底筋が非常にゆるみやすく、さらに加齢や運動不足、出産などで、緩みが加速すると言われています。

 

また、妊娠・経腟出産女性の骨盤底筋が緩むのは当然と言えますが、20〜30代の若い世代で出産経験がない女性の中にも骨盤底筋がゆるんでいる人が増えていると言われています。

膣トレの方法

さて膣トレの方法ついて解説をしていきましょう。

 

一般的な膣トレではインナーボールを使う

セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介

 

まず一般的に膣トレで用いるのはインナーボールと呼ばれるグッズです。このヒョウタンの様なボールを膣内に入れて、落ちない様にキュキュと締めるトレーニングを行うのですが、問題は「トレーニング」であると言う事。

 

トレーニングには挫折が付き物

ダイエットなども身体を絞るトレーニングですが、トレーニングには挫折が付き物。つまりインナーボールを購入したとしてもトレーニングをしなければ意味がないのです。

膣トレとセルフプレジャー

セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介

 

膣トレはダイエットと同じ様に長続きが難しいと言われています。その理由は単調なトレーニング作業だからに過ぎません。

 

バイブを使ったセルフプレジャーなら長続きする

しかし、これがバイブを使ったセルフプレジャーであれば簡単に長続きさせる事が可能です。バイブを使ったセルフプレジャーは、別の言い方をすると快楽を得る為のオナニー。

 

オナニーであれば、同時に快感を得る事が出来ますので自然に長続きが出来るのです。

 

バイブを使った膣トレの方法

バイブなどの膣内に入れるタイプの大人のおもちゃを使いってセルフプレジャーを行い、後はバイブをキュキュと締める様に意識しすれば膣トレと同じ効果が得られるのです。

 

三日坊主が心配な人にオススメ

膣トレを考えているけど、三日坊主で終わったら…なんて考えてしまう人はセルフプレジャーでのトレーニングを視野に入れておく事を強くオススメしています。

オススメ!セルフプレジャーに使えるグッズ

セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介 セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介 セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介
セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介 セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介 セルフプレジャーは膣トレに効果あり!その理由と方法を紹介